子供が友人の車で嘔吐!個人賠償責任保険に助けられた話

ついさっきまで元気に走り回ってた子が

急に熱を出す

急に嘔吐する

子育てあるある。

でも、それが友人の車の中でだったら?

熱だけならいいけど、

吐瀉物で車中を汚してしまったら…

と想像すると、ぞっとする。

そんなアクシデントが実際に起きてしまった。。

今回は、次女が私の友人の車で吐いてしまった時、個人賠償責任保険に助けられた話。

いざという時のお守りである保険。

でも、保険はどんな時に使えるか知ってないと宝の持ち腐れ

まさかの時にきっと役に立つから読んでみてね。

個人賠償責任保険って必要?

個人賠償責任保険って、漢字も難しくてなんかとっつきにくい。

私は最初そう思ってた。

ただ、簡単に言うと、

他人の体や物を傷つけてしまった時

に使える保険。

身近な代表例は、これ。

  • 自転車に乗っている時に、人にぶつかってしまい、ケガを負わせてしまった
  • 子供がお友達と遊んでいる時に、ケガをさせてしまった
  • 飼い犬が散歩中に人にかみついてケガをさせてしまった
  • 買い物中に商品を落として壊してしまった など

「こういうこと、まさか自分には起きないよね」

と思いがちだけど、まさかのことは突然起こる。

特に自転車事故による損害賠償は1億円を超えることも

そうなると、自分の手には負えない…と思うので、

毎日のように子供2人を乗せて自転車に乗っている私は、主に自転車事故に備えて、個人賠償責任保険に加入した。

特に子供がいると、子供に悪気はなくても、

人にケガをさせてしまったり

物を壊してしまう可能性って

大人より高いと思うから、入っておくと安心。

☆関連記事☆

我が子が友人の車で嘔吐した時、個人賠償責任保険が使えた

私が初めて個人賠償責任保険を使ったのが、

次女が私の友人の車で嘔吐して、車のシートを汚してしまった時

これは、個人賠償責任保険に加入した時は、まったく想定していなかった。

子供の急な体調不良とはいえ、お茶をうっかりこぼした、とはわけが違う。

臭いも衛生面も気になるから、専門業者に車内クリーニングをお願いすることにした

保険会社に問い合わせたら、

汚してしまった部分(今回は後部座席)のクリーニング代は、全額保険でカバーできる

とのこと!

うちは、マイカーを持っていないから知らなかったけど、車内クリーニングって数千円レベルじゃないのね…

今回、後部座席のみで約3万円だったよ。

自腹だとなかなかしんどい金額だから、保険が使えて助かった~!

☆関連記事☆

保険金請求の流れと必要なもの

私が加入しているのは「セコム安心マイホーム保険」

保険会社によって、流れや必要なものは違うかもしれないけど、参考になるといいな。

保険金請求の流れ

  1. 保険会社にTEL→保険の対象になるかと、請求方法を確認
  2. 近所で車内クリーニングができる店舗を調べる
  3. 友人にクリーニングをする店舗を決めてもらう
  4. クリーニング代の見積書作成依頼
  5. クリーニング代の見積書を保険会社にFAX
  6. 友人にクリーニング代を渡す
  7. 友人にクリーニングに行ってもらう
  8. 友人から必要書類をもらう
  9. 保険会社に必要書類を揃えて郵送
  10. 保険会社から入金あり

私の場合は、こんな流れだった。

私は、できる限り友人に負担をかけたくなかったから、

  • クリーニング店への見積書の作成依頼
  • 保険会社とのやり取り
  • クリーニング代の立て替え

私がする方向で進めた。

状況に応じて

  • 保険会社が直接、相手(今回の場合、友人)に話をする
  • 相手にクリーニング代を立て替えてもらい、相手の口座に入金してもらう

ということもできると言われた。

赤の他人とか、関係がこじれてしまってる場合などは、保険会社にやり取りを任せた方がスムーズなこともあるのかも。

※私が加入している保険は、示談交渉サービス付き

保険金請求に必要だったもの

【保険会社から送られてきたもの】

  • 保険金請求書兼同意書兼権利移転証
  • 示談書

【相手にお願いしたもの】

  • 後部座席の写真(クリーニング前)
  • 車検証のコピー
  • 車内クリーニングの領収書
  • 示談書に署名と捺印

【自分がしたこと】

  • 保険金請求書兼同意書兼権利移転証に必要事項の記入・捺印
  • 示談書に署名・捺印
  • 次女の健康保険証のコピー

我が家の個人賠償責任保険は火災保険の特約

個人賠償責任保険は、

  • 傷害保険の特約
  • クレジットカードの付帯
  • 自動車保険の特約
  • 火災保険の特約

のいずれかで加入することがほとんど。

月200円以下で付けられるものが多い。

我が家は、賃貸に住んでいる。

火災保険の契約が切れたタイミングで、

不動産屋から勧められた保険に入らなくてよい

ということを知った。

そこで、保険ショップ「ほけん百花」へ行って、比較検討。

賃貸なのに手厚過ぎると感じた住宅に関する補償を減らして

個人賠償責任の補償額を3億円にアップした。

個人賠償責任保険補償特約は、2年一括払いで2,460円だから、ひと月あたり102.5円

うん、安い!

我が家が加入した内容だと、火災保険料自体、2年一括払いで9,380円。

だから、今回の個人賠償責任保険の支払でしっかり元が取れた。


↑火災保険はネットで簡単に比較できる

↑ハーゲンダッツもらえるならここにすればよかったな(笑)

個人賠償責任保険を選ぶ時のポイント

ネットでいろいろ調べた結果、次の4つが大事だなと思った。

  1. 補償金額が1億円以上 ※私は3億円にした
  2. 保険の対象者が、被保険者だけでなく、家族も含む
  3. 示談交渉サービス付き
  4. 自転車事故も保険の対象になる

意外と使う可能性が高い個人賠償責任保険

まずは、今加入している保険の特約についていないかを確認してみて、

もし加入していなかったら、加入を検討してみては?

☆関連記事☆