幼児英語の安くて効果的な教材がわかる!おすすめの1冊

2019年6月18日

  • 英語って何歳から始めるのがいいの?
  • 小さいうちから英語を教えて日本語に影響出ない?
  • 英語教材って高そう
  • 高額な教材を買っても続かなかったらどうしよう。。
  • 子供のうちに英会話教室に通えばペラペラになる?
  • 海外に住む予定ないけど学ぶ意味ある?

こんな疑問が頭をよぎって、幼児英語に興味があるのに、一歩を踏み出せない人におすすめの1冊を紹介♪

「5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法」

長女はもう4歳だし、何十万円もする英語教材を買う予定もないから、なんかピンときた。タイトルに惹かれて読んでみたこの本。

↓目次↓

【第1章】バイリンガル教育で子どもの可能性を広げてあげよう

【第2章】お金をかけずに自宅でバイリンガルを育てる方法〜インプット・アウトプット編〜

【第3章】お金をかけずに自宅でバイリンガルを育てる方法〜楽しく学べるアイテム編〜

【第4章】英語スクールに通わせるなら

【第5章】英語学習を成功させるために

【第6章】とっさに言ってあげたい英語の一言&簡単英会話

「5歳からでも間に合うお金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法」(平川裕貴・著)より引用

自宅学習の方法だけでなく、英会話スクールインターナショナルスクールについても触れられているから、どんな学習方法がいいか迷ってる人にもよさそう♪

小難しいかんじてなく、とても読みやすい本だった。

☆おすすめ関連記事☆

シェーン英会話 無料体験レッスン申込み

幼児英語っていいことだらけ!と思えた

私が子供の頃は、小学校にALT(外国語指導助手)がいた記憶がうっすらあるものの、英語の授業は中学校から&読み書き中心の暗記型学習だった。

だから、初めて海外旅行に行った時にぜんぜん英語を話せなくてショックだったし、その後、日常会話ができるレベルになるのに苦労した。

今は、小学校から英語の授業があるし、子供のうちに英語をマスターしちゃえば、「英語を使って何をしたいか」に時間と労力を使えていいと思う。

ただ、英語は言葉だから使わないとどんどん衰えていく…海外に住む予定もないし、家族や親戚に英語を話す人がいるわけじゃないから、幼い時に一生懸命学んでも使わなければ意味がないかも?本人が必要と感じたり、学びたい!と思った時に学んだ方がいいのでは?と疑問を持っていた。

けど、この本を読んでその疑問が吹っ飛んだ。

幼児期から英語を学ぶのがいい最大の理由は、「聞き取り(耳の訓練)」と「発音(口の動き)」で、圧倒的に効果が出るからです。

科学的研究では、リスニングに関してほ、10〜12歳頃といわれる耳の臨界期を過ぎると、母国語にない音が聞き取れなくなるといわれています。

「5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法」(平川裕貴・著)より引用

しかも、この本によると、日本語と英語は、音声周波数がぜんぜん違うらしい。

日本語:500ヘルツ以下↔英語:2000〜1万5000ヘルツ

え!まったくかぶってない。。

一方、中国語は英語とほぼ同じ周波数だから、英語を習得しやすいとのこと。

う〜ん。だからあんなにリスニングに苦労したのか、、文法やライティングは勉強すれば後からでもいける気がするけど、リスニングに関しては、臨界期前にやる方が断然、楽&効率的じゃん!

他にも、

★今後、教育面でもグローバル化がどんどん進むであろうこと

  • 大学入試の制度が変わる→センター試験の廃止、TOEFLが重視される
  • 国際バカロレアという教育プログラム→学力を国内でなく、世界基準ではかる時代に。
  • MOOC→外国の大学の授業を無料でオンラインで受講できる

★異文化に触れることで視野が広がる

★将来の選択肢が広がる

ことなどについても詳しく具体的に書かれていて納得感があった!

そんなわけで、幼児英語いいね!とあっさり心変わり。

☆関連記事☆

何を始めたらいいかが具体的!即行動に移せた

もちろん、今までも子供のうちに英語学んだ方がいいんだろうな〜とは思ってた。

ただ、英会話教室だとだいたい週1回。

自分の経験上、それだと、英語に親しむことはできても話せるようにはならないだろなぁ。親しむレベルなら、幼稚園でも週1回、ネイティブの先生との英語の時間があって楽しくやってるから、それで充分な気がする。親しむレベルで月に7000〜1万円って高い…と感じてた。

だから、話せるようになりたいなら、親も家では英語を使う覚悟がないと無理だろうなと勝手に自分でハードル上げてた(^_^;)

そうなると、何からしたらいいかよくわかんなくなるし、ディズニー英語みたいな教材は数十万円レベルだしで、そこまでしなくてもいいかななんて弱気になってた。

けど、この本読んだら、

  • まずはインプットが大事=最初は聞き流しでOK
  • YouTubeの子供向けチャンネルが効果的
  • 5000円以下の絵本セットがおすすめ

といったことが書かれてて、一気にハードルが下がった!

え!これなら今すぐできそう!ってなった(^o^)

そんなわけで、読んだその日に始めたのが….

CDの聞き流し

長女が赤ちゃんの時に買ったけど、そのうち聞かなくなり、数年放置されてたのを復活!

↑聞いてるのはこのCD

長女(4歳)は、幼稚園の英語の時間に聞いてる曲も何曲か入ってて、「この曲知ってる!」とうれしそう♪

次女(1歳半)は、手を叩いたり、身体を揺らしたりとご機嫌で聞いてる時も♪

聞き流しでOKということだから、朝起きてから出かけるまでとか、帰ってきてからお風呂までとかにかけてる。

YouTubeの英語の子供向けチャンネル

ネットで調べたら、AmazonのFire TV StickとWiFiがあれば、YouTubeをテレビで見られるようにするのは簡単とのこと。

早速設定して、この本に載ってた初めて英語を学ぶ子におすすめのチャンネル「ABC Kids TV」を見せてみた。

うん。こわいくらいの食いつきよう。

なんだろう?アニメーションがカラフルでかわいいから?英語のノリが日本語とは違って新鮮だから?理由はわからないけど、言葉の意味がわからないからすぐに飽きるかなぁと思ったけど、長女も次女も夢中になってみてる。

☆おすすめ関連記事☆


家庭学習の1日&年間スケジュール

英会話スクールに通うのと違って、家庭学習だと、時間が決まってない=親がスケジュールを決めないと、グダグダになりがち。なんとなく気が向いた時に。だとそのうちズルズルやらなくなりそう。

この本では、小さい子供は一度に1時間以上集中するのは難しいからと、小分けにすることが勧められてた。

朝起きてから出かけるまで、幼稚園から帰ってきてから、夕食後の3回に分けると、1回10分すれば、10分×3回=30分、1回20分すれば、20分×3回=60分。

これならできるイメージがつく。

さらに、1ヶ月めは、こういう歌がおすすめで、朝晩10分ずつといった学習例を、1ヶ月〜7ヶ月めまで一覧にまとめてくれてるから、先の見通しもつけやすい。

子育て中に使う簡単な英会話がまとまってる

これこれ!これを探してた〜!

日常的に子供に英語で話しかけると自然に覺えていきそうと思ってたけど、いざ話しかけようとすると、子育て中に使う言葉って意外にわからない。。

例えば、服を着てとか、おもちゃ投げないで!とか。

ちょっとした時に遊び感覚で英語で話しかけるのも楽しそう♪

そのうち子供が英語で返してくるようになったりするかなぁ?

☆おすすめ関連記事☆

まとめ

こんなかんじで、読みやすいけど、内容は盛りだくさん&とても具体的だった!

読んで終わりじゃなくて、この本を片手に今すぐ学習を始められるかんじ。

図書館で借りて読んだけど、手元に置いておきたくて購入した!


また経過も書けたらなと思ってます♪
数ヶ月後、娘たちの口から英語が飛び出してくるか?!

☆関連記事関連記事は、「おうち知育」→「英語」にて☆